しいたけ入り肉団子のみぞれ鍋


寒い冬には鍋が一番!!
壬生町調理員さんからいただいたレシピのご紹介です。

■材料(4人分)
生シイタケ    8枚
ねぎ       1.5本
白菜       1/4個
水菜       1束
大根       1本
えのきだけ    1束
ガラスープの素  大さじ2
日本酒      大さじ2
しょうゆ     大さじ1
みりん      大さじ1
塩        少々
水        鍋の1/3程度

肉団子
生シイタケの軸  8枚分
豚挽肉      300g
生姜       ひとかけ
ねぎ       1/2本
日本酒      大さじ1
塩        小さじ1/2
しょうゆ     小さじ1
卵        1/2個
片栗粉      大さじ1

ポン酢
ごはん又はうどん又はモチ

■作り方
@肉団子に入れるシイタケの軸とねぎはみじん切りにする。
 肉団子の具をよくこねておく。
A白菜、水菜、えのきだけを食べやすい大きさに切る。
 大根はおろしておく。(鬼おろしがあるとよい。)
B土鍋にスープを作り、白菜とねぎを入れて火にかける。
 水があがってきたら肉団子を丸く形作りながら入れていく。アクを取り。大根おろし、シイタケ、えのきだけ、水菜を入れてふたをする。
 材料に火が通ったら、お好みでポン酢を足していただく。

以下、調理員さんからのコメントです。
・鍋の具材にするシイタケの軸を、肉団子の中に入れて無駄なくいただきます。
・手作り肉団子の入ったスープは、給食でも人気のメニューです。
・大根おろしをおろすときは、鬼おろしを使うと大根の食感が楽しめるみぞれ鍋になります。水っぽくないシャキシャキ感のある大根おろしになるので、焼魚の付け合わせにも合います。栃木の郷土料理「しもつかれ」を作るときにも使えるので、用意しておくと料理の幅が広がりますよ。
・鍋の〆は、ご飯、うどん、焼き餅などお好きな物をどうぞ。