トップページ > 個人の皆様へ

個人の皆様へ

脱サラ、定年後の収入確保に「菌床シイタケ栽培」がおすすめです。
当社の栽培システムは、初めての方でも安心して始めることができます。栽培施設のご提案からシイタケ販売までトータルにバックアップいたします。


○菌床シイタケ栽培を始めるには?

菌床シイタケ栽培に最低限必要なものは、菌床、栽培ハウス、栽培棚、散水設備、暖房機・出荷器材などです。

○取り組み方法

菌床シイタケ栽培への取り組み方法は大きく分けて2つあります。
専業で行うタイプと副業として行うタイプです。
それぞれの特徴をご紹介いたします。


1.専業タイプ

こんな方におすすめ! 
・脱サラして農業経営を行っていきたい。
・業種転換したい。*空き倉庫がある。土地がある。
・農業事業部を作りたい。*雇用確保。
・外国人研修生の雇用確保。

【専業タイプおすすめプラン】 
・建物:発生棟、接種室、培養室、出荷棟
・設備:菌床仕込み機材、栽培棚、散水設備、空調機、出荷器材


2.副業タイプ

こんな方におすすめ!
・定年後に自分で何かしたいが迷っている。
・現在、農業(稲作やほうれん草、トマトなど)を営んでいるが、冬の間に兼業として何かの栽培を考えている自分以外の家族に菌床シイタケ栽培を従事させたい。
・外国人研修生の雇用確保。

【副業タイプおすすめプラン】
・栽培ハウス:ビニールハウス
・設備:栽培棚、散水設備、暖房機、出荷器材

概算での試算シミュレーションをいたします。
お気軽にお問合せください。

栽培年間スケジュール

(1) 菌床納入(3〜5月)
(2) 夏期カット(8月)
(3) 仕上げ管理・散水等で菌床の熟度を上げていく。(9月)
(4) 発生・収穫(10月〜)

しいたけ菌床栽培工程


販路の確保

販売先はご自身で決めていただけます。
農業を営んでいる方は販路を持っていらっしゃるかもしれませんが、初めての方は最初のうちは販路の確保は難しいでしょう。
当社ではシイタケの販売代行も行っておりますので、栽培に集中していただけます。


栽培タイプ別の必要設備

概算での試算シミュレーションをいたします。
お気軽にお問合せください。


成功事例