トップページ > バックアップ体制

バックアップ体制

◇全国サンマッシュ生産協議会

全国サンマッシュ生産協議会は、菌床栽培による優良な品質の生しいたけ生産を目的として、技術研鑽に努力する生産者組織であり、昭和62年に発足しました。発足当時は50名程度の会員数でしたが、平成10年には、1,400名、現在では1,800名以上の大組織に発展しています。


協議会のスローガンは、
1. 消費者ニーズに合った、市場性の高い生しいたけを生産しよう!
2. 需要と供給のバランスがとれた秩序ある生産体制を維持しよう!
3. 生産性の高い栽培技術に取り組もう!

の三つであり、これらの目標を達成するために、研修会や視察会を積極的に開催し、日本における生しいたけ最大の生産団体として消費者への安定供給ならびに外国産との差別化を追求しています。


◇きのこ生産販売事業部 馬頭工場


馬頭工場は当社が誇る品種及び栽培技術を活用して、高品質なサンマッシュの集約栽培を実践しています。ここで蓄積した生産・経営ノウハウは生産者に広く公開しており、また実地研修の場を提供しています。原材料にこだわり、農薬に頼らないで栽培した商品は「国産安心きのこ認証」基準をクリアしています。

◇営業体制(販売ネットワーク)

当社の5営業所が日本各地のきのこ栽培者に応対し、きのこ栽培に関わる様々な商品を取り扱っています。菌床しいたけについては、全国サンマッシュ生産協議会および地域の農協と密接に連携して研修会や巡回指導会を開催し、栽培者に対する栽培技術〜生産品の販売・経営などの指導に当たっています。原木しいたけや各種のきのこについても指導会を行っています。