トップページ > 北研とは

北研とは

日本で初めて菌床シイタケ用品種を種苗登録した『北研』。“原木から菌床へ”シイタケ生産の流れを大きく変えたキノコの種菌メーカーです。

『北研』は、“国を興すは農にあり”と、初代社長が戦後の復興期にキノコ産業に携わり、昭和36年に『北研産業』として創業したことに始まります。ナメコの菌床栽培技術を確立したことで、長く『ナメコの北研』と言われておりました。

シイタケの菌床栽培用品種“北研600号”が誕生したのは昭和59年。その頃、原木栽培用の菌種を研究していました。当時はシイタケの菌床栽培という発想はなく、ナメコで培った菌床栽培の技術を原木用に活かそうと研究を続けていました。“北研600号”は研究中に偶然できたものですが、菌床栽培への道を切り拓く画期的な開発となりました。こちらは高い評価を受けて、昭和63年に日本で初めてシイタケ菌床栽培用品種として種苗登録されています。

昭和62年に全国サンマッシュ生産協議会が発足し、現在の会員は全国で1,800名を以上。菌床シイタケ生産においても50%を超えるシェアを誇っています。

社是は“栽培者が有るから会社が在る”。栽培者の発展が会社の使命と考え、これからも栽培者が求める品種の開発や供給に取り組んでいきます。